スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月5日 そろそろドル円に変化が?

usdjpy20090205

USDJPYH4チャートです

実に静かなもんです

適当にポジっても必ず戻ってきます

レンジは大体90.00-88.00(←89.00に訂正)

今現在、1月6日高値から引いた下降トレンドラインの3本目に頭を抑えられています

ファン理論通りならこの3本目を抜けるか落とされるかで今後の趨勢が決まるのですが・・・

ですが、個人的にはこの下降トレンドラインの、さらに上に位置するトレンドライン(去年8月15日高値と今年1月6日高値を結んだもの)を重視しておきたい

このまま何のアクションもなく、ダラダラと横へ流れていくようなら、おそらくこの下降トレンドラインが正義の鉄槌をドルに与えるでしょうw接触する来週辺りが見ものです

ただ今日に関しては、材料難で、かつ週末に雇用統計を控えているため小動きとなりそう
とりあえずは90.00を背にした戻り売りで稼げるかな?

eurusd20090205

EURUSDH4チャートです

こちらは12月18日高値1.4715からの下降トレンドラインを超えられず、下落

サポートが目白押しとなっている1.27を割れるようなら・・・とは思いますが・・・簡単には割れそうもない

ですので、1.27割れストップの買いが一番やりやすいかなと思ってます(曲げ屋の私はエントリーしませんからご安心を)

MAは下方向のバイアス、ADXは30レベルでやる気ナッシング、スロストは下向きで売られすぎ圏間近、とレンジ逆張りをするにはもってこいの局面だと思いますが、いかがでしょう

ちなみに今日はECBの金利発表が控えています、ご注意を

gbpusd20090205

GBPUSDH4チャートです

こちらは下降トレンドラインや抵抗を突破して上昇、1月30日高値を更新しましたが、そこからは売りに押され、長い上髭をつけてしまいました

下値を切り上げており、上昇の形をキープしてはいますが、高値更新後の上髭だけが今後の上昇への不安材料

MAは短期線が急激に長期線との距離を詰めていますが、依然短期線が下ということだけは気にしておきたい

またADXは30レベルより下でヨコヨコ、スロストは最近の上昇を反映してか、買われすぎ圏で張り付いています

ポンドルに関しては、高値を再び更新し、かつ高値を維持できるか、また上昇トレンドラインをキープできるか、これらの3点に注目しておきたい

長期的なトレンドを重視するなら、それらの条件が崩れ次第、売りに傾いていけばいいのかな?

ちなみに、BOEも政策金利の発表を控えていますので、ご注意を

usdchf20090205

USDCHFH4チャートです

144EMAとサポートラインに支えられ、再び上昇

MAは短期線が上に位置し上方バイアス、ADXは横向き、スロストは上向き

とりあえず、ドルスイに関しては、何度も支えられている144EMAとサポートライン、これに注目しておきましょう

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト
World Clock
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
一目均衡表フライトチャート
緑のgoo検索
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。