スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月6日 また曲げた・・・かも

ドル円は雇用統計前に大分動きました。ポジション調整なんでしょうか?

私は昨日の記事でまた曲げてしまったかも・・・?昨日のうちに100円を達成するなんて微塵も思ってませんでしたが、雇用統計後には必ず100円をつけにいくと思っていましたし、雇用統計までは100円と下のサポートに挟まれて小動きになるだろうと考えていました。

でも実際のチャートはこうです。
usdjpy20090306

USDJPYH4チャートです。

昨日の深夜にトレンドライン1をブレイク、今日のロンドン以降に赤線のチャネル下限をブレイク、ニューヨーク前の現在はトレンドライン2と3まで下げています。

現在位置する96円後半は、画像でもわかるようにトレンドラインのサポートが強固ですし、先日の中途半端な調整の際の下支えとして機能していた水準ですので、そうそう破られることはないかと思います。破られたら四時間の144EMA(黄色の曲線)やトレンドライン4、また87.10からの上昇に対する戻り38.2%の水準である94.60付近(1月6日高値でもあり、日足レベルでのダブルボトムのネックラインの水準でもあります)がサポートになるでしょう。ダブルボトムのチャートパターンを確かめる意味でもネックラインを一度確かめに行くのは、まぁありうることです。

またここから反発するなら、注目点は100円を越えられるかどうか。これが達成できないとなると、ネックライン96円台後半の三尊天井ですが、それを予想するのはまだ早い。

三尊を作りに行くならこの位置で踏みとどまってしばらく横に調整した後、上昇。
さらに下げるつもりなら雇用統計の結果を待って、下げ。

ロングには少々分が悪いかな、と思います。

いずれにしても、雇用統計を待ちましょう。
スポンサーサイト
World Clock
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
一目均衡表フライトチャート
緑のgoo検索
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。