スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月26日 来週ドル円は戻り売り推奨

usdjpy20090426

USDJPYH4チャート。

先週のチャート上での重大な出来事といえば、やはり87.10から続く上昇トレンドライン割れ。

でも画像中にはトレンドライン1と5の2本、それらしき上昇トレンドラインが引いてありますね。

私が四時間足を見ながらヒゲを考慮して修正したのがトレンドライン5。ヒゲなどを気にせずにそのまま引いたものがトレンドライン1。私はこの修正したトレンドライン5を軸にして、トレンドライン3、4、7、8と作成しチャートを見てきたので、今更「やっぱりトレンドライン1が正しかった」と変更するのは大変でした。というか今のところ無理。

ただ、トレンドライン一般のアドバンテージが、「多くのトレーダーが気にしているから」という点から生まれるのなら、あまり奇を衒ったラインだとその存在意義そのものが危うくなる。先週末の私の懊悩は、トレンドライン5割れでいささか早めに持った(持たされた)ドル円ショートポジションによるものというより、むしろこのチャート上での矛盾から引き起こされたものでした。まぁこんなことは、普通にトレンドライン1のほうを見ていた多くのトレーダーの方々には関係のない話なんですが。

ただ、なにはともあれ、結果的にはトレンドライン1まで割れて、金曜中にはそれを回復することなく引けました。(これを結果的に運がよかったとするべきなのか、それともトレンドライン5割れはトレンドライン1割れの前兆であったと受け取るべきなのか、いまいちわからないのですが。)

で、来週の注目はもちろん、この下方にブレイクしたトレンドラインをレジスタンスにして戻り売りに売られ捲くるのか、それとも回復してダマシブレイクにしてしまうのか、そこに尽きるわけですが、目安となる水準は画像中のトレンドライン1から判断しておおよそ、

97.50

またこの少し上、97.70くらいには4/23の安値を結んだライン(97.70付近を4度試しに来てはじき返したサポートの延長)があり、これと合わせて97円後半は週明けの重要なレジスタンスになると思います。

意識としては戻り売り推奨。トレンドライン1を割れた後はサポートにぶつかった形跡も見られず、まだ下値を探りに行きそうな雰囲気。3本のMAもパーフェクトオーダーとなり、下降してきた四時間21EMAはレジスタンスに加わりに来そうな勢い。いきなり暴落はないかもしれないけど、それ以上に暴騰するようには見えづらいチャートで、無難にいくなら97円後半を背に戻り売りをするべき局面。

下の目ぼしいサポートは私のチャート上に現れている限りでは
96.00 3/30安値
94.60 日足ダブルボトムネックライン
93.50 3/19安値
92.70 2/23安値

というわけで、来週は米自動車大手の動向や米銀行大手へのストレステストの結果などを気にしながら、ドルを売っていくとよさそうです。むしろ円に対してドルを売るよりユーロやスイスフランに対して売ったほうがいいのかもしれませんが。
スポンサーサイト

4月21日 98.50-97.65で保ち合い

昨日はチェックしていた98.50をブレイクで加速、ここまでは予想通りだったのですが、一方通行の下落ではない前後に振ってくる動きに惑わされ、やらなくていいことをたくさんしてしまいました。結局利益はトントン。

usdjpy20090412

USDJPYH4チャート。

昨日ブレイクして下方向へ加速した98.50ラインが今日はレジスタンスとして機能。理想的な戻り売りポイントとなっていました。下値はこれも予想通りというか、トレンドライン5が昨日から3度まで支えています。

というわけで、改めていうまでもなく、今夜の重要なサポートレジスタンスは98.50とトレンドライン5。

ただ、昨日の下ブレイクのことも考慮すると、98.50を背に戻り売りが無難かなという感じ。(まぁこんなこと言ってるとストップ刈られてしまうんですが。)ショート有利な相場に見えるので、トレンドライン5を背にロングとか、ましてやナンピンしてまで買い増すのは危険かも。昨日安値割れで一層の下落も?

サポレジをまとめておくと、
レジスタンスは
☆98.50
 98.70 四時間21EMA,144EMA
 99.00 200日線、トレンドライン2、3
 99.70 4/17高値
 100.75 4/13高値、トレンドライン4
 101.43 4/6高値
 102.10 日足ダブルボトムターゲット
 102.50付近 2007年からの下降トレンドライン

サポートは
☆97.80 トレンドライン5
☆97.65 昨日安値

☆印の重要なポイントでしばらく逆張りでいけそうです。時期がきたらブレイクに乗っかる。どっちかというと上ブレイクは遠慮したい。下ならいけいけどんどん。昨日の今日でなかなか大相場は期待できないかもしれませんが。

4月19日 来週のドル円は下ブレイク待ち

usdjpy20090419

USDJPYH4チャート。

そろそろ煮詰まってきた感じ。先週火曜から作り始めた画像中の青で括った三角がそろそろ臨界点を越えそうです。セオリーどおりなら上から三角に入っているので下抜け。チャートの感じから言っても、トレンドライン3のサポートが割れるのは時間の問題に見えます。

この三角の基本的な情報をまとめておくと
サポートはトレンドライン3
レジスタンスは99.70の水平線
上から三角に入っている(下抜けがセオリー)
三角形成後は下値を切り下げ(買い勢力優勢)
上昇三角形

これら三角についてのまとめだけだとよくわからないので、他のサポートレジスタンスについて見ておくと、
サポートは
 99.10付近 200日線
☆98.70付近 四時間144EMA、トレンドライン3、金曜安値
☆98.50付近 4/16安値
 98.10付近 4/15安値(先週安値)
☆97.50付近 トレンドライン5(87.10からの上昇トレンドライン)

レジスタンスは
 99.30付近 四時間21EMA
☆99.70付近 4/15、4/17高値、トレンドライン6
☆100.00付近 トレンドライン2、4
☆100.75 4/13高値(先週高値)
 101.43 4/6高値
 102.10 日足ダブルボトムターゲット
 102.50付近 2007年からの下降トレンドライン

ちょっと気合入れてサポレジ書き出してみましたが、来週のドル円で重要なのは、上から
100.75
100.00
99.70  ここまでレジスタンス

98.70  ここからサポート
98.50
97.50

これら6つのポイントを要チェックしておくといいでしょう。

というわけでまとめると、三角がどうとかでは関係なく、サポートレジスタンスのブレイクに神経を集中させて、動きについていけばいいと思う次第なわけです、ハイ。

それをわかった上で、なお個人的な予想を言わせて貰えば、99円後半は基本的に売り(ただし勢いは見とかなければなりませんが)、ブレイク待ちは下方向でトレンドライン3(できれば98.50まで)の下割れを待つ。下ブレイクで迷うことなくSエントリー、ターゲットはトレンドライン5の97.50。(注:売り煽りととらないでくださいね。逆指しでもいいと思いますが、できれば自分の目で判断してエントリしてください。)

まぁ、私のこのブログ上での予想は高確率で曲げてますから、真に受ける人も少ないとは思うんですが。でもサポートとレジスタンスには自信あります(これだけ羅列すれば当たるだろっていう突っ込みをされそうですが)。

最近はこの四時間足チャート見ながら、五分足チャートでデイトレしてて、結構いい感じ。サポレジに自信があるので、五分足で底や天井を掴まえるのが得意なんです。

4月16日 新たなレンジへ移行するか、持ち直すかの瀬戸際

usdjpy20090416

USDJPYH4チャートです。

昨晩と東京午前は四時間21EMAに頭を抑えられ、結局落下。しかし、ロンドン時間では四時間144EMAとトレンドライン3付近で支えられ、現在は反発の形。一応の底固めが完了した雰囲気(5分足レベル)もあります。

なので、今支えられた四時間144EMAとトレンドライン3のある98円半ばは最重要サポート位置としてチェックしておきます。ここを下抜けるとトレンドライン4-3のレンジから、3-5のレンジに移行しそうな雰囲気。そうなれば、しっかりブレイクを確認して(ブレイク後の戻りを待つくらいの気持ちで)、ターゲットをトレンドライン5に置いたショートエントリーをしたいところ。

他方でレジスタンスとして気になるのは四時間21EMA。ちょうど四時間21EMAと重なるように引ける下降トレンドラインもあり、この辺りでは一定の反発はありそうです。しかし、これを上抜けるとトレンドライン2と4をターゲットにして上昇しそうな形。

レジスタンス
100.00付近 トレンドライン2、4
99.65 昨日高値
99.30付近 四時間21EMA、下降トレンドライン
99.10付近 200日線

サポート
98.70付近 四時間144EMA、トレンドライン3
98.50付近 今日の安値
97.40付近 トレンドライン5
World Clock
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
一目均衡表フライトチャート
緑のgoo検索
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。