スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月1日 今週はいつも以上に難しいですね

usdjpy20090401

USDJPYH4チャート。

はじめに言っておくと、今週のドル円は正直よくわかりません。。。(だから更新をサボっていたというのも、一面では正しいといえます)

でも一応わかる範囲でまとめていきます。

まず、昨日ドル円は99円台回復。今日の東京時間で99.50手前まで上伸。これによってFOMCでの暴落直前の高値98.95をクリア。トレンドライン5(87.10からの上昇トレンド)によってサポートされる上昇トレンドの形を維持するための条件は3/5高値99.70だけとなりました。これを抜けるときれいな上昇トレンドができますね。

ただし、その上昇トレンド維持によりさらなる伸びが続くかどうかは、このトレンドラインのスパンよりはるかに長い2007年夏からの下降トレンドラインとの相談になります。このラインは102円前半まで降りてきていて、まもなく接触が予想されます。これに叩き落される展開を予想することは容易です。

現在機能していそうなトレンドライン、チャネルは、トレンドライン4(トレンドライン5の平行線)とその平行線によって作られるチャネル。私は一応これに注目しときます。(トレンドライン4は個人的にはお気に入りのトレンドラインです。そう簡単には手放したくありません。)

目先サポートになりそうなのは、このトレンドライン4だけかなと思います。あとは四時間21EMA(銀色)。レジスタンスは200日移動平均などなど。

まとめとくと
102円 下降トレンドライン
100円 節目
99.70 3/5高値
99.50 200日線(画像中のピンクは1200SMA、笑点のピンクはいらな(ry
98円前半 四時間21EMA、トレンドライン4
97円 四時間144EMA
96円 3/30安値
95円半ば トレンドライン5

わかるのはこれくらいです。ここからどっちにいくのかは、いつも以上にわからないので、確認したサポート、レジスタンス、トレンドラインを意識し勢いを見極めながら、また米国捏造指標にも気をつけながら、トレードしていきましょう。

ところで、四時間足を見てると、あるチャートパターンが見えてきます。

usdjpy20090401-1

こうするとわかりやすいと思いますが、ウォルフ波動が見えます。99.50が天井なら、ターゲットは1-4の延長線上の95円半ば位でしょうかね。もっとも⑤が確定しているかどうかは不明ですし、ウォルフは逆張り手法なので、新値をどんどん更新されていく宿命みたいなものはありますが、99.50が天井⑤確定なら、95円半ばをターゲットにするのも一興でしょう。(私は100円乗せを達成するだろうとなんとなく感じているのでドル円Sはしばらくするつもりはありませんし、ウォルフによるこのトレードを推奨するつもりもありませんのでご注意を。)
スポンサーサイト
World Clock
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
一目均衡表フライトチャート
緑のgoo検索
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。