スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月7日 ドル円は利食い売りがでてようやく調整か

みなさん、先週土曜の私の予想を見ていただけましたか?

更新直後は3人くらいのかたにみていただけたようですが・・・(・・・土曜夜の更新がいかに人目につかないかを知るいい機会となりました・・・)

で、その予想とは裏腹に、ドル円は月曜開始直後から上値を模索する動きで101.43まで上昇しちゃいました。上方向の意識なのはよかったのですが、まさかこんなに勢いよく上がるなんて思いませんでした。結局私ができたのは、高値確認後の逆張りSだけでした(これは幸い勝てましたが)。

そして今日は一転して下げの日。

usdjpy20090407

USDJPYH4チャートです。

高値101.43をつけた後は、ようやく利食い売りが出始めたのか、天井らしきものが見えました。画像中の2本のトレンドライン(青い細線)をブレイクしています。現在は四時間21EMA(銀色の線)及び100円の節目に支えられて下げ渋り。

3/30に96.00を割ってから後の上昇を見ると、エリオット波動で第5波まで終わって、現在は調整波に入ったように見えます。チャート的にも、ここからの調整を予想するのは無難かなと思える感じ。

ちなみにサポートを確認しておくと、
100円前後 節目の数字、四時間21EMA
99円前半 200日移動平均線(ピンク色の線)
99円前後 トレンドライン4
98円前後 トレンドライン1、四時間144EMA(金色の線)
96円半ば トレンドライン5(87.10からの上昇トレンドライン)

レジスタンスは
101.43 昨日の高値
102~103 2007年夏からの下降トレンドライン

レジスタンスはいうまでもなく少数精鋭で硬いです。他方、サポートのうちで重視したいのは200日線とトレンドライン4。調整の目処はこの辺りかなぁという気はしています。

もっとも誤解しないでもらいたいのは、調整に入るからといって200日線をターゲットにSしろと言っているわけではないこと。きれいな上昇カーブを描いてきていますので、調整が終わり次第、再度上値をトライする動きが開始されると思います。というわけで、これから夏にかけての意識は押し目買いでいきたい。デイトレや細かい利食いをするならSももちろんアリです。
スポンサーサイト
World Clock
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
一目均衡表フライトチャート
緑のgoo検索
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。