スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月13日 ハッキリしない値動きにイライラ

してはいけませんねw

でも、先週は結構スッキリとした値動きしてくれましたから、その残像とでもいうものが残っているのか、昨日の値動きは退屈そのものでした

usdjpy20090113

それでは、まずはUSDJPY1Hチャートから

結局90円を割れて下落しました

ただチャートに現れている大陰線ほどのインパクトは、リアルタイムで見ていた限り感じられませんでした(例えるなら・・・亀!のっそりのっそり下り坂を下っていく感じ)

仕掛け難いったらありません

そして未だに反発らしい反発も見られません・・・(どの水準がサポートとなるのか?その判断がしづらくて困ります・・・)

買い手はそもそも少なく、売り手もすでにショートポジションをメイクした後で新規で売り建て玉する人も少ない・・・そんななかでの均衡、そんな感じに見えました

私のトレードスタイルはサポレジを確認してからエントリーするものなので、昨日のドル円の動きからはサポレジを判断できず、見てるだけとなってしまいました

eurusd20090113

続いてEURUSD1Hチャートです

ユロドルは1.33割れで多少下落が加速したところを見るとそのラインがサポートとして機能していたんだろうなと予測できます

ただ1.33割れしたのも束の間、すぐに買い手の逆襲にあい長い下髭を示現

依然ユーロ売り有利だと思いますが、売り手がこの1.33割れで控える買い手をどうこなしていくのか?

明日以降も下値を探っていく動きがあると思いますが、買い手と売り手のその争いの中で今後のユーロの方向性が決まっていくのかな

eurgbp20090113

また、EURGBP1Hチャートでは10月から12月の上昇トレンドラインが0.88半ばに控える中、反発

このラインを維持できているうちは10月からの上昇も維持されていると判断していいかと思います

現在は0.90台前半で推移

ここは0.9000という節目の数字でもあり、先日まで揉み合っていた水準でもあるので、今後上昇していくならしっかりと踏み固めておきたいところ

ちなみに10月~12月の上昇に対する戻しは50%に未だ達していません

~~~~~~~~~~~~

というわけで無理に仕掛けるような魅力的な機会は昨日はありませんでした(多分)

でも、あえて言えば、ユロポン

そろそろ買いたいかな~(でも政策金利の発表を待ってからがいいのかな~?)

対ドルでの動向も気になりますしね(弱いユーロなんて買いたくありませんから)

まぁ、はっきり動き出すまで何かほかの事をしていたほうがいいんだとは思いますね

結局保ち合いの範疇を出ないうちは見てるだけ無駄ですから(保ち合いブレイクは日足終値で確認しても十分間に合いますし)

ちなみに私は昨日、ユロドルがサポートブレイクしたあたりでバタバタと追っかけ→損切り貧乏を繰り返してしまいました

エントリーした瞬間から含み益が乗らないと気がすまない性分なのか、20pipsも逆に行くと予め決めたストップには到達していなくても早めに撤退してしまって損をすることが多いです

その挙句にカーッと頭に血が上ってポジポジ病になるんだから困ったものです・・・

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サポレジ

Author:サポレジ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Flashリバーシ
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
World Clock
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
一目均衡表フライトチャート
緑のgoo検索
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。