スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月26日 ドル軟化待ち

先週顕著だったのは円買い、欧州通貨売りでした

特にポンドはRBSの巨額損失計上の可能性や英GDP悪化などの悪材料から大きく売られました

他方で、そうした欧州への悲観からドルは欧州通貨に対しては買い戻されドル高トレンドを維持していましたが、週半ばにはそれまで方向感のなかったドル円でOP絡みの投機的な売り仕掛けから、13年ぶり安値を更新しています

今週も相変わらず欧州通貨の弱さは隠しようもないでしょうが、欧州通貨に対するドルの買い戻しが一巡すれば、ドルは円に対してさらに軟化することも予想されます

そこを待って戻り売りで仕掛けたいというのが私の今週のとりあえずの方針

usdjpy20090126

USDJPYH1チャートです

先週後半は89.50-88.00のレンジで推移、重要なレジスタンスは89.50、90.00、90.15、91.30
戻り売りの目安は89.50から90.00の範囲、90.15を明確に超えてきたら損切り、91.30でトレンド転換と考えます

他方で、サポートは88.00と87.00

しばらくはレンジが続くと思いますが、買いはなるべくなら控えたい

下抜けの場合は85前半がターゲット
これは日銀の介入が85円割れで実現するかもという噂(実際にあるかどうかはどうでもよくて、市場でそのようなコンセンサスが形成されつつあるというのが重要です)
また、124.16(2007年6月)から95.71(2008年3月)までの下落率-22.91%と等しくなるラインは、110.66(2008年8月)を高値とした場合85.30となる、という理由からです

・・・どうでもいいんですが、チャートをみると綺麗に三尊の形がでてるんですよね
でも三尊は天井圏で出るものなので、これは残念ながら違う
思うにドル円は無理な買い支えのある、政治的な思惑の強い通貨ペアなので、こんないびつなチャートが出来上がってしまうのではないかな?

eurusd20090126

続いてEURUSDH1チャート

こうしてみると一ヶ月で2000pips近く落ちてるんですね・・・

相変わらず下降チャネルの真ん中を丁寧に走ってます
行儀がいいので脇に逸れたりしません

でもそれじゃ仕掛けようがありません
どう仕掛けたらよいのかさっぱりわかりません

というわけでしばらく様子見方針を継続することにします

gbpusd20090126

こちらはGBPUSDH1チャート

先週長らく続いたチャネルを下方ブレイク

とりあえずは小さな下降チャネルに移行したと見ます

でもたとえこのチャネルの上限アウトラインをブレイクしたとしても、限りなくポンドの未来は暗い・・・

・・・そういえば、今回珍しく、短期では曲げ屋で有名なジム・ロジャースが、ポンドへの悲観を表明した直後から売りが加速してますね
英国通貨は1シリングたりとも持ちたくないそうです
これは私も同感です
100通貨単位といえど買い持ちしたくありません

~~~~~~~~~~~

と、いつにもまして要領を得ない記事になってしまいましたが(日本語も変かも・・・眠いというか頭の中が飽和状態なので・・・)、方針としてはドル円戻り売り待ち、この方針だけ頭の中に叩き込んでトレードに臨みたいと思います

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サポレジ

Author:サポレジ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Flashリバーシ
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
World Clock
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
一目均衡表フライトチャート
緑のgoo検索
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。