スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月29日 S脳にさよなら

先ほどのFOMCのイベントからドル買いが活発化、ドル円は90.76まで上昇

目先のレジスタンスと考えていた90.15付近がやはり重石だったようで、ここを抜けたら一気でした

おそらく私と同じようにこの辺りをレジスタンスと考えてストップを置いていた人が多かったんだと思います

で、とりあえず前々から言っていたように90.30を明確に超えてきていますので、まずは戻り売り方針はさよなら、S脳にもさよならしましょう

押し目買い方針なら、強力だったレジスタンス90.15付近を背にしてロング

91.30を超えてくるともう怖いものはないって感じになると思います

ターゲットは95~97円(10月24日安値90.93から11月4日高値100.55までの上昇幅9.62円を87.10に加算した数値が96.72)

usdjpy20090129

USDJPYH4チャートを確認すると、とりあえずドル買い優勢、今後サポートとなりうるのは90.15-90.00、89.50(これは昨日の日中までの高値)、89.00

レジスタンスは90.96(1月20日高値)、91.30(1月19日高値)、それから11月4日高値(100.55)及び2008年8月15日高値(110.66)から引いた下降トレンドライン

S脳だった頃は90.30-91.30は緩衝地帯として様子見する予定でしたが、この確かな足取りを見ると押し目買いでもいいかなと思います

eurusd20090129

こちらはEURUSDH4チャート

ドル買い活発化の流れで上昇トレンドラインを割ってしまいました

とりあえずこれで目先のレジスタンスが1.3388近辺であると確認できました

このまま1.3388をネックラインとする逆三尊でも作ってくれると仕掛けやすいんですが、ドル円でのドル買いを考えるとレジスタンスを上抜けするのは大変そうです

今すぐに仕掛けるトレードプランは私には見つかりません

gbpusd20090129

GBPUSDH4チャートです

こちらも微妙な感じ

一応レジスタンスを上抜けして、1.43台後半に定着するのかと思いきや、ドル買い活発化の流れで一度サポートを割ってしまってます

ただしその後すぐに戻してサポートが有効であると一応は証明中です

まぁ、どちらにもいける位置ですし、ボラも大きいので基本的には様子見がいいかと

usdchf20090129

USDCHFH4チャートです

こちらでもドル買いの動きが見られました

結局微妙な堅さのサポートを踏み台にして上昇、現在はかつての上昇トレンドラインがレジスタンスとして頭を抑える形になってます

仕掛けるなら有効性が一応は証明されたサポートを頼りにロング

~~~~~~~~~~~~~

というわけでドル売り、S脳は今日から綺麗さっぱりおさらばしましょう

ドルが最強通貨の称号を手にしています、今のところ

なのでドルだけは売らないようにしたい

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:サポレジ

カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Flashリバーシ
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
World Clock
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
一目均衡表フライトチャート
緑のgoo検索
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。