スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月1日 来週の見通し~ドル円

先週金曜のドル円はNY時間まで軟調、一時89.15まで下押ししました

その後、NY勢参入から巻き戻し、90円にのせる場面もありましたが、結局89円台後半で引けました

usdjpy20090201001

USDJPYH1チャートです

先週後半からようやく上昇チャネルらしきものが見え始め、金曜もなんとかチャネル下限を維持

目先のレジスタンスは90.15、下値の目処は金曜安値89.15

ただ、ADXが低レベルでかつ下向きなのが気になります(インディケーターに頼らない方針でしたが、最近のダマシはADXで排除できそうな気がするので導入してみました)

usdjpy20090201002

これはUSDJPYH4チャートです

このチャートではレジスタンスとして91付近で展開する下降トレンドラインが意識できます

また同じくらいの位置に展開する先々週1月19日高値の91.30もレジスタンスとして機能しそうに見えます

ADXは贔屓目に見てほんのちょっぴり上向き、ただし20以下という低レベル

来週の争点はこの91.30のレジスタンスを明確に上抜けることができるか?それにかかっていると思います

上抜ければ、ターゲットは93.00付近(94.60(1月6日高値)から87.10(21日安値)の戻り78.6%水準)となります

また、強力な下降トレンドラインも上抜けることで上昇トレンド入りとなるでしょう

他方、これに失敗する場合はレンジに逆戻り、相変わらず90.00-87.00で上値の重さを意識させられる展開となりそうです

いずれの場合にしても金曜に越えられなかった90円をどう回復するのか?

これは、好材料が出れば上、悪材料ならレンジ逆戻り・・・と材料次第という非常に微妙な位置です(オバマの動向に注目しておくべきか?)

ADXも未だレンジを示唆していることですし、ポジションをもっていない人なら様子見がいいと思います

(追記)90円を素直に超えてくる場合はいいのですが、失敗となるのは89.15を再び試しにきて下抜けてしまった場合

その場合のサポートは27日安値88.50付近、23日安値88.00付近、21日安値87.00付近となります

87を下抜ける場合はターゲットが85円付近となります

~以下過去記事からの引用~
これ(85円ターゲット)は日銀の介入が85円割れで実現するかもという噂(実際にあるかどうかはどうでもよくて、市場でそのようなコンセンサスが形成されつつあるということが重要です)
また、124.16(2007年6月)から95.71(2008年3月)までの下落率-22.91%と等しくなるラインは、110.66(2008年8月)を高値とした場合85.30となる、という理由からです

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サポレジ

Author:サポレジ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Flashリバーシ
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
World Clock
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
一目均衡表フライトチャート
緑のgoo検索
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。