スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月1日 来週の見通し~ユロドル・ポンドル

eurusd20090201

EURUSDH4チャートです

先週後半から軟調に推移、1.33付近から1.27半ばまで下押し

現在の大まかな流れを確認すると、上限が1.33、下限が1.27くらいの下降チャネルが見つけられます

しかし、ここから下はサポートの目白押し

eurusd20090201002

EURUSD日足チャートで各種サポートを確認できます

まず、去年10月、11月の1.23付近で下値を切り上げている辺りを結んだ上昇トレンドライン

続いて、2008年7月15日高値1.6030から9月22日の戻り高値1.4870を結んだ下降トレンドライン(これがもっとも強力)

また、1月8日からの上値を結んだ下降トレンドライン

4時間、日足ともADXは30レベルを越えて上向きノリノリなのですが、このサポート群の陣容を見るかぎり、ここからいきなり売りで参入は明らかに突っ込み売りの誹りを免れない

また、オシレーターなら間違いなく売られすぎを示す局面(4時間足スロストは10レベル付近で張り付いてます)

ユロドルの方針は、サポートの強さ、あるいは反発の度合いを確かめてから、逆張りで買い、もしくはブレイクを待つべきだと思います

買いの場合は1.26割れでストップを入れられるとリスクリワートレシオもなかなかいい逆張りとなると思います

gbpusd20090201

続いてGBPUSDH4チャートです

こちらはなんというか、もう手がつけられませんねw

青で塗りつぶしてみたのは逆三尊の亜種かもしれないと思ったからです

その場合にはターゲットがちょうど、かつての下降チャネルの上限辺り、1.51付近になって綺麗ですね(他人事w)

ポンドルは目先上昇するかもしれませんが、大きな流れはポンド消滅wなので、そこは常に頭に入れておきたいです(少なくともポンドルは大きな下降トレンドを描き続けてます。1.6を超えてくるとようやくその下降トレンドラインもブレイクできるかっていうところ)

もし買う場合は、ADXは4時間足で30レベル付近、上向きなので、下押ししたところを押し目買いでもいいかな

サポートは上昇トレンドラインが展開する1.44付近と、かつての下降チャネル下限のアウトラインが展開する1.42半ば

さらに29日安値1.4080付近、これを下抜けると再びポンド売り優勢となりそう

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サポレジ

Author:サポレジ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Flashリバーシ
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
World Clock
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
一目均衡表フライトチャート
緑のgoo検索
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。