スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THV SYSTEM V3 ②

前回の記事はこちら →THV SYSTEM V3 ①

それでは前回の続きで、今回は各インディケータの紹介をしていきます。

THV V3 3
こちらは前回紹介したチャート画像です。参考までに。


Trix:Trixはこのシステムの要です。faster line と slower lineのクロスは早期にトレンドの転換を教えてくれます。サブウィンドウに出ているテキストラベルの意味を説明すると、「Bull cross」はfaster line が0レベルを上抜いている状況、「Bear cross」 は0レベルを下抜いている状況で表示されます。また、「Analyze Buy」はfaster lineがslower lineを上抜いている状況で、「Analyze Sell」は下抜いている状況で表示されます。そして、「Analyze Exit」(上記画像中には表示されていませんが、「Analyze Buy/Sell」の上に表示されます)はfaster lineの色が変化したときに表示されます。

※注意!これらのTrixシグナルはあなたの分析を促す警告サインであって、そのまま売買サインとしてはいけません!


なお、Trixの出すシグナルはなんとなんと!音声で警告してくれます!!
・・・ただ、英語ですが・・・
もし聞きたいという人は、デフォでは聞こえないような設定になってますので、パラメータ画面で弄ってやってください。

また、Trix faster line はダイバージェンスを捕捉する機能もありまして、faster lineの上下に赤、緑で表示されている矢印がそれです。また、強気の乖離なら青線が、弱気の乖離なら赤線が引かれます。(ダイバージェンスの解説についてはマニュアルが詳しいです。絵付きで解説されてます。あるいは、先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)のオシレータ解説の項、金を払いたくないって人はひまわり証券のテクニカル解説ページのオシレーターの項などを参考にしてください。)


さらに、このTrixには買われすぎ圏、売られすぎ圏というものがあります。そのレベルは各タイムフレームで自動で調整されて算出されるようです。また、買われすぎ圏にあってTrix faster lineの色が変化したら、一分足にスイッチしてスキャルをすることもできます。この場合かなりの勝率を期待できます。


Ichimoku cloud:Ichimoku cloud(一目の雲)はトレードすべき方向を示してくれます。雲の上ならロングのみ、雲の下ならショートのみ、です。

THV Trend:THV Trendはサブウィンドウ最下部にあるバーの指標で、トレンドの状況をバーの色で教えてくれます。緑は上向き、赤は下向き、黄色は横向きのトレンドを示します。黄色バーが出たら要注意、なぜならトレンドの一時休止か、トレンドの転換を示すからです。

Stop loss indicator:SL indicatorはメインウィンドウの左上方にあります。ATRに基づいたストップの参考値を表示します。またスキャルの利食い目標としても使えます。例えばSLが16pipsなら比較的安全に8pipsは取れるでしょう、とのこと。(この場合、エントリーの上手さがもろに反映されることになります。また、もちろん勝率100%を保障するものではありません。)

News indicator:News indicatorはオプションですのでご自由に。THV3 FFCalっていうインディケータです。なお、プロパティでAllow DLL imoportsにチェックをしないと使えませんのでご注意を。これから発表される指標の予想と前回結果が表示されると思います。

Pivot:Pivot indicatorについては細かい説明は不要ですね。Standard PivotとFibonacci Pivotを選択できますが、デフォルトでは後者が選択されています。

Session indicator:Session indicatorは・・・まぁそのまんまです。みなさんで、各自のMT4サーバーのGMTを調べて調節してください。サーバーのGMTはこちらの2chスレッドなどを参考に。【MT4】MetaTrader Part17【メタトレーダー】(そういえば、もうすぐ夏時間に移行するんですよね・・・調節が面倒くさいです・・・私はこのブログトップ右のworld clockで確認すれば十分な気がします、いや、贔屓目とかじゃなしに、です)

THV Coral:Coralはトレードすべき方向を示します。ラインの上ならロング、下ならショート。緑色は上方向、赤色は下方向、黄色は横方向のトレンドを示しますが、黄色になったらチョッピーな相場と判断して、細かく利食いをしていくか、あるいは明確なブレイクを待つべきです。また、アラーム音も用意されていますが、デフォルトではオフになっています。なお、経験豊富なトレーダーならCoralを無視してトレードすることも可能です。しかし、あなたが初心者ならCoralのルールに従うことをオススメします。ちなみに名前の由来は米国南部に住みつくサンゴヘビという毒蛇に似ているからだそうです。さらに蛇足ですが、私はかつてCoral lineが一般的なテクニカル用語かと思って電子辞書使ったら、むしろちんぷんかんぷんになってしまった記憶があります。


とりあえず、インディケータの解説はこんなところですか
それでもまだ残ってるのはあるんですが。(平均足をなぜ使うのか?とか)
でも、記事が長くなっちゃうので、今回はこの辺りで。

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:サポレジ

カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Flashリバーシ
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
World Clock
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
一目均衡表フライトチャート
緑のgoo検索
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。