スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月23日 今のドル円は静観すべき水準

usdjpy20090323

USDJPYH4チャートです。

下に窓を開けてスタートした今週は、東京時間において、昨日の記事で注目していた支持・抵抗帯の下限である95円台半ばを突破できずに戻され、96円台前半に並んだ2本のMA辺りを上限にしたレンジとなりました。しかし、現在の足より一つ前の長い下髭をみるとわかるようにどちらかというと買いが強く、ロンドン時間から96円台半ばを抜けて現在97円台手前まで伸びています。

昨日の記事で注目していた95円台半ば~96円台前半の支持・抵抗圏については、今のところ上に抜けていると判断できます。

今の上値を抑えているのはトレンドライン4(87.10から下値を結んだトレンドライン5の平行線)。またこの水準は先週の下落にたいする61.8%戻しの水準で、再度下攻めに向かうか全戻しをするかの重要な瀬戸際。さらに、直近の勢いを比較すると、ここ2日はドル買い戻しであり、他方でここ一週間の勢いはドル売り優勢といえる位置であり、方向を確定しづらい。(定石通りなら中期(ここ一週間)のドル売りトレンドに順張りするべきなんでしょうが、今急いで売る必要もありませんね。やるなら97円前後に抵抗を見出してからでも遅くはないと思ってます。)

確認できることはサポートとレジスタンスくらいですので、確認しておくと、

レジスタンス
98円ちょうどくらい 下降チャネル上限ライン1
97円ちょうどくらい トレンドライン4及びフィボ61.8戻し水準

サポート
96.30前後 四時間21EMA及び144EMA
95.70前後 下降チャネル下限ライン2
94円半ば トレンドライン5


ちなみにここからはなんとなく思うことですが、上のレジスタンスを抜けたとしても先週の下落を帳消しにするようなドル買いの理由ってあるのかな?またこの辺りの水準で叩き落されて再度下値を探るにしても、すぐ下には今日抜けたばかりの支持圏があり、抜けるのは大変そう。

ということで、上にも下にも行き辛いんじゃないかなぁと思ってます。(昨日の記事を焼きましたような内容になっちゃいましたが結果的にこうなっただけですのであしからず。)

また記事の半ばでもありますが、61.8で挫折するのを見届けるか、97円を明確に抜けていくか。これを確認できるまで静観でいい気がします。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サポレジ

Author:サポレジ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Flashリバーシ
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
World Clock
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
一目均衡表フライトチャート
緑のgoo検索
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。